一部の栄養ドリンクと医薬品の分類:取り扱いに注意が必要

栄養ドリンクは素早く栄養補給を行うと同時に疲れた身体を元気にさせる目的として用いられていますが、製品によっては取り扱いに注意しておかないと逆に身体の不調を招く原因となる危険性があります。
まず、栄養ドリンクはエナジードリンクのような清涼飲料水だけに限らず、一部の製品が第2類もしくは第3類の医薬品に該当している可能性が考えられ、医薬品の場合は漢方薬を始めとした生薬を多く含む傾向があり、各種健康食品や医師から処方された薬と同時に服用する際は組み合わせ及び服用方法に十分注意しておかなければなりません。
栄養ドリンクは医薬品・医薬部外品・清涼飲料水の3つに分類されていて、分類における明確な基準が曖昧であることも多く、服用する前に記載されている内容を確認しておく事が重要となってきます。
一般的に医薬品として扱われる栄養ドリンクは薬局などでの販売に限定される他、効能や効果を記載できる製品となる点で飲料水と大きく異なります。
また、清涼飲料水や医薬部外品であっても、含まれている成分の過剰摂取や飲み合わせによる副作用は起こりえる症状である事から、状況によっては医師や薬剤師に相談する選択も安全性を確保する手段の1つとなります。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ